埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科

埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科トップページ 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科トップページ 新年によせて新年によせてひらしま産婦人科ガイドひらしま産婦人科ガイド  ひらしま産婦人科アクセス地図・所在地埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科アクセス地図・所在地 
E-townクリニック掲載記事 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科E-townクリニック掲載記事 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科ひらしま産婦人科スタッフ紹介ひらしま産婦人科スタッフ紹介ひらしま産婦人科フォトニュースひらしま産婦人科フォトニュース  ひらしま産婦人科今月生まれの赤ちゃん上尾市、さいたま市、伊奈町、桶川市の皮膚科上尾市、さいたま市、伊奈町、桶川市の皮膚科

 

E-townクリニック掲載記事 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科

埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科

2000年5月号
閉経後の人生を若々しく
健康に過ごすために有効な
ホルモン補充療法


 

閉経期以後の女性ホルモン補充療法が、動脈硬化、骨粗鬆症を予防し、生活の質の向上につながる。

*エストロゲンの減少が引き起こす様々な病気

 女性は40歳を過ぎると、卵巣の機能が衰え、卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が低下します。そして50歳前後になると閉経を迎えます。

 エストロゲンが限りなく0に近づくと、骨量が減少して骨粗鬆症や、コレステロール値が上がり、動脈硬化症、脳血管の疾患や心筋梗塞を引き起こしやすくなります。また、膣内を丈夫にするエストロゲンの減少は老人性膣炎になりやすく、性交時に痛みを伴う人も少なくないようです。若々しい肌を保つのに不可欠なコラーゲンもエストロゲンが減れば、肌がかさついたり、シワができたりします。

 こうしたさまざまな症状に対して、エストロゲンを投与するホルモン補充療法は、きわめて有効な方法なのです。

*年齢や体質に合わせて選ぶホルモン補充療法

 このホルモン補充療法は、長期に正しく服用することが大切です。それでは、代表的な3つの飲み方をご紹介いたしましょう。

1.周期的併用法(間欠法)

 閉経前後の月経が気にならない女性が主体。卵胞ホルモンを21日間飲み、飲みはじめて10日目から12日間は黄体ホルモンも一緒に飲む。その後7日間は服用をやめ、再び同じサイクルで飲みはじめる。毎月、休薬中に月経のような子宮出血がある。

2.周期的併用法(持続法)

 閉経前後の更年期症状の強い女性が主体。卵胞ホルモンは毎日休まず飲み、黄体ホルモンのみ毎月1日から12日間飲む。黄体ホルモンを飲み終えると、たいてい月経のような出血があるが、ないときもある。

3.持続的併用法

 閉経後数年経った女性が主体。卵胞ホルモンと黄体ホルモンの両方を毎日飲み続ける。3〜6か月間は不正出血があることも。やがて出血はみられなくなるので月経のような出血があるのがわずらわしい人に向いている。

 以上3つの方法は、卵胞ホルモンは、子宮体ガンと乳ガンの発生に関与することがあるので、黄体ホルモンを併用する方法です。そのほか、子宮を摘出した女性には子宮がないので出血は起こらないし、子宮体ガンの心配がないので卵胞ホルモン単独持続法があります。最近卵胞ホルモンパッチ剤が開発され(お腹に貼りつけて皮膚から吸収する貼り薬)肝臓に負担をかけることがありません。1日おきに使用しますが、皮膚アレルギーが難点です。いずれにしても、長期間飲み続けることで効果が得られます。

 服用期間は、動脈硬化、骨粗鬆症、膣炎の治療や予防のためなら、10年、20年、一生薬を飲む必要があります。

 アメリカでは閉経以後の女性の25%が飲んでいると言われていますが、日本では、1%程度です。低用量ピルでも、日本人は副作用を極端に恐れて、まだ服用する人は少ないようです。日本人は、薬好きと一般に思われていますが、実際はそうでないようで、正しい薬の知識と人生哲学がないように思われます。

 また投与中、肝機能、コレステロール、中性脂肪、腎機能などの検査、子宮頚ガン(ウイルスが関与し、ホルモンと関係ない)、子宮体ガン、乳ガン検診、血栓症の注意など、定期検査はぜひ行ってください。

 服用期間中は決まった時間に処方どおりに服用することが大切で、そうしないと不正出血が起こり、薬を中止する最大の原因となります。特に子宮体ガンを心配する人がありますが、黄体ホルモンの併用で、ほとんど心配ありません。

*長い老年期を快適に過ごす体力・気力を今から培う

 ホルモン補充療法は更年期特有の症状を解消するだけでなく、肌の衰えを防ぎ、若々しい肌を保つのに有効だといわれています。女性に多いとされるアルツハイマー病、先にあげた骨粗鬆症と心臓・血管系の病気の予防にも効果があります。

 日本は世界一の長寿国です。そのため閉経後の30年あまりの人生をどうやって過ごすかを、考える時代になったのです。だれもが若々しく健康でありたいと思うのは当然のこと。ホルモン補充療法を行えば、肉体的には若返ることができます。むろん薬だけではだめで、バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠は基本です。それに生きがいがあり、気力と体力が伴わなければ、なんの意味もありません。


E-TOWNクリニックINDEXへ


Women's Clinic 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科
埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科
〒362-0021 埼玉県上尾市原市1464
TEL 048-722-1103
FAX 048-722-1146

上尾,桶川,伊奈,蓮田,ひらしま産婦人科トップページへ新年によせてひらしま産婦人科ガイド最新情報
ひらしま産婦人科地図・所在地皮膚科コラムE-TOWNクリニックスタッフ紹介今月生まれの赤ちゃんPHOTO DIARY

(C)2001-2016. 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科