埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科

埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科トップページ 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科トップページ 新年によせて新年によせてひらしま産婦人科ガイドひらしま産婦人科ガイド  ひらしま産婦人科アクセス地図・所在地埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科アクセス地図・所在地 
E-townクリニック掲載記事 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科E-townクリニック掲載記事 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科ひらしま産婦人科スタッフ紹介ひらしま産婦人科スタッフ紹介ひらしま産婦人科フォトニュースひらしま産婦人科フォトニュース  ひらしま産婦人科今月生まれの赤ちゃん上尾市、さいたま市、伊奈町、桶川市の皮膚科上尾市、さいたま市、伊奈町、桶川市の皮膚科

 

E-townクリニック掲載記事 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科

埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科

2000年7月号
早期流産の多くは
胎児の異常が原因。
自虐的にならないこと


 
先月号に続いて、今回も流産のお話を取り上げる。自然流産は妊娠反応で診断されたごく初期を含めると30%になるともいわれ、その数字に驚かれた人も少なくなかっただろう。今回は診断と治療について触れていく。

*早期流産は自然淘汰的な現象

 流産とは、胎児が成育不可能な妊娠22週未満のうちに妊娠が終了してしまうことを言います。その中でも妊娠12週未満の早期流産が全体の70%を占め、特に妊娠8週以前が多いとされています。早期流産の原因のほとんどが胎児因子の異常で、50%が染色体異常。もともと成立しにくかった妊娠で、自然淘汰現象ともいえます。

*妊娠反応が敏感になったため、流産にも敏感に

 最近は、自分で妊娠を調べられる検査薬が手軽に入手できるようになりました。早ければ受精卵が子宮に着床する時期である、妊娠3週末から妊娠反応が出ます。受胎後わずか2週間の妊娠4週目には、確実に妊娠の判断がつくのです。

 また、基礎体温をつけている人ならば、高温期が3週続くようなら妊娠の可能性が高いと判断できます。そして膣式エコーでは胎のう(受精卵と羊水を包み込むようにしてある袋状のもの)が妊娠4週から確認できます(妊娠反応が陽性、エコーで胎のうが確認できないと子宮外妊娠の可能性も考えられる)。

 そして妊娠5週末頃から、経膣超音波断層法(お腹の上からの経腹法では脂肪や筋肉が邪魔してよくうつらない)で胎児の心拍数が確認できます。この心拍数が確認できて、はじめて胎児が元気でひと安心します。つまりどんなに早くても妊娠5週末にならないと、切迫流産の診断ができないのです。

 生理が遅れたので妊娠検査薬で調べたら陽性がでた。妊娠4週頃、病院に来たときには流れてしまっていた…というケースも少なくありません。しかし、昔ならこれは流産だと気付くことはなかったでしょう。生理が少し遅れているとか、生理量がいつもより多いぐらいで、妊娠反応を調べると、陽性のケースが通常の生理周期の10%くらいあるのです。受精卵が着床(厚くなったふわふわした子宮内膜にうずもれること)成立する前に死んでしまうからです。

 ごく初期の流産は、子宮内をきれいにする必要もなく、子宮収縮剤を処方するくらいです。中には「自分のせいで…」と深刻に悩む方もいます。しかし逆に考えれば、自分は卵管もつまっていなくて、排卵もあり(この2つは不妊の最も重要な原因)妊娠できる体であったことがわかって、喜ばしいことだとアドバイスしています。

*流産の症状と治療法について

 切迫流産の症状は、軽い下腹部痛や腰痛、少量の出血があります。切迫流産の治療は経過観察がメインとなり、あとは安静でいることが大切です。前述したように、胎児の心拍数があるかどうかが重要で、心拍が確認できてはじめて切迫流産と診断できます。心拍確認ができれば、9割くらい、妊娠継続可能と説明します。出血が多い場合は、止血剤を投与します。出血は感染の原因となり、感染すると流早産の原因となるからです。クラミジア、膣炎の検査も重要で、しっかりと治療し、子宮内への上行感染を防ぐことが流早産の予防につながります。出血の原因として、流産以外に子宮頚管ポリープ、子宮膣部びらんなどがありますが、最も大切なのは、子宮頚癌の検査です。外から見える部位なので、痛みもなく、簡単にできる検査です。

 また、流産の中でも注意が必要なのは、痛みも出血もない無症状の稽留流産です。特に後期の妊娠16週以降で、胎児死亡後4週間以上経過すると、D・I・C(血管内で血流が固まってしまい、そのために血流凝固因子が減少し、止血しにくくなり、大出血する)を起こす危険があるので一日も早く内容物を排出させる必要があります。そのためにも症状がないからといっても定期検診をしっかりと受けることが重要なのです。

 妊娠すると便秘になりやすいため、便秘により下腹部痛を、切迫流産ではないかと心配して来院する人も少なくありません。このように「流産では…」と自分で思い込んでしまうのもよくありません。そういったストレスから不眠などに陥ってしまえば、逆に流産しやすい環境を作り出してしまうからです。


E-TOWNクリニックINDEXへ


Women's Clinic 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科
埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科
〒362-0021 埼玉県上尾市原市1464
TEL 048-722-1103
FAX 048-722-1146

上尾,桶川,伊奈,蓮田,ひらしま産婦人科トップページへ新年によせてひらしま産婦人科ガイド最新情報
ひらしま産婦人科地図・所在地皮膚科コラムE-TOWNクリニックスタッフ紹介今月生まれの赤ちゃんPHOTO DIARY

(C)2001-2016. 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科