埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科

埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科トップページ 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科トップページ 新年によせて新年によせてひらしま産婦人科ガイドひらしま産婦人科ガイド  ひらしま産婦人科アクセス地図・所在地埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科アクセス地図・所在地 
E-townクリニック掲載記事 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科E-townクリニック掲載記事 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科ひらしま産婦人科スタッフ紹介ひらしま産婦人科スタッフ紹介ひらしま産婦人科フォトニュースひらしま産婦人科フォトニュース  ひらしま産婦人科今月生まれの赤ちゃん上尾市、さいたま市、伊奈町、桶川市の皮膚科上尾市、さいたま市、伊奈町、桶川市の皮膚科

 

E-townクリニック掲載記事 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科

埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科

2000年10月号
我慢し過ぎは要注意。
上手につわりをのりきろう!


 

妊娠すると、ほとんどの人が経験するdつわりe。今のような超音波がない時代は、つわりは妊娠時期の特定材料のひとつでもあったそう。しかし、すべてのつわりを軽くみてはいけない。症状がひどいまま、放置してしまえば、最悪の場合、死亡することもあるという。

*妊娠初期、朝の空腹時に症状が現われやすい

 つわりは全妊婦の3分の2にみられ、悪心、嘔吐、食欲不振、嗜好の変化などの消化器症状が代表的です。これらの徴候は朝の空腹時に現われやすいことから「モーニングシックネス」ともいわれています。発症は妊娠5〜6週ころから起こり、妊娠12〜16週ころまでにほとんど自然に消失してしまいます。

 つわりの中でも症状がひどく、治療が必要なものは妊娠悪阻と診断されます。食事がとれないことや頻回の嘔吐により、脱水、血液濃縮、ナトリウムやカリウム、クロルなどの電解質の喪失、ビタミン欠乏などを引き起こします。栄養摂取不足が長く続くと、糖質不足のため、体内の脂肪、蛋白が分解され、血中、尿中ケトン体が増加し、体は酸性となり、腎機能障害を生じ、昏睡状態になり、死に至る場合もあるのです。ビタミンB1欠乏による「ウェルニッケ脳症」(眼振、複視などの眼症状、意識障害、歩行困難等の症状を起こす)は、重篤な神経学的後遺症を残すので、注意する必要があります。

*つわりじゃない他の病気の場合もあるので要注意

 最近、つわりは減少傾向にあるようです。妊娠年齢が高くなったことで、人格の未熟な妊婦さんが少なくなったこと、核家族化によって、嫁姑の精神的葛藤が少なくなったこと、情報公開によって、妊婦へのストレスやプレッシャー、お産に対する恐怖心がなくなったのが要因のようです。つわりになりやすいのは、初産婦、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を持っている人といわれています。しかし、妊娠16週を過ぎてもつわりが続く場合や嘔吐がひどい場合は、他の疾患があることも考えたほうがいいでしょう。症状は人それぞれ個人差がありますが、自己判断の目安として体重が減少し始めたら要注意です。そのほか病院では、尿にケトン体が出た場合は、入院の必要があります。その場合は単なるつわりではなく妊娠悪阻で、早急の治療の必要があります。重症になると妊娠の継続が難しくなって、不幸な結果を招くこともあります。早期診断、早期治療のため、あまり我慢をせず、ひどいときは早めに産婦人科へかかることをおすすめします。

*様々な要素が複雑に混合してつわりを起こす

 つわりの原因は未解決な部分が多く、妊娠による内分泌学的変化(プロゲステロン高値、エストロゲン高値、甲状腺ホルモン高値による高ホルモン状態)、精神医学的な要素などが考えられています。一般的には妊娠初期にヒト絨毛性ゴナドトロピンの増加が見られることから、このホルモンが原因のひとつとされています。また、体内の代謝環境の変化もつわりの原因でビタミンB6の欠乏が嘔吐を誘発したり、プロゲステロンの増加による消化管運動の低下、また、噴門部括約筋が弛緩されることによって、悪心や嘔吐がおきるともいわれています。ほかにも望まない妊娠であったり、ストレスなどの精神的なものも大きく影響を及ぼします。こうした様々な要素が絡まりあって、つわりを引き起こしているのです。

 私は常日頃妊婦さんに「つわりは赤ちゃんが元気な証拠」と話しています。こう思うことで精神的にかなり救われるからです。つわりがある妊娠初期では、胎児が小さいため、栄養面はさほど気にしなくていいので、無理して食事を取る必要はありません。少しずつ頻回に、夜中も少し食べるとよいでしょう。食べられるものを食べればいいのです。その代わり、脳や心臓などの主要部位が形成される時期なので、気持ち悪いからといって薬を飲んだり、胃のレントゲン検査を受けたりしないようにしてください。


E-TOWNクリニックINDEXへ


Women's Clinic 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科
埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科
〒362-0021 埼玉県上尾市原市1464
TEL 048-722-1103
FAX 048-722-1146

上尾,桶川,伊奈,蓮田,ひらしま産婦人科トップページへ新年によせてひらしま産婦人科ガイド最新情報
ひらしま産婦人科地図・所在地皮膚科コラムE-TOWNクリニックスタッフ紹介今月生まれの赤ちゃんPHOTO DIARY

(C)2001-2016. 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科