ひらしま産婦人科・皮膚科ガイド|埼玉県上尾市、伊奈町、さいたま市、桶川市、蓮田市、北本市の産婦人科・皮膚科

埼玉県上尾市、伊奈町、さいたま市、桶川市、蓮田市、北本市の産婦人科・皮膚科

ひらしま産婦人科TOPページへ戻るひらしま産婦人科TOPページへ戻る

ひらしま産婦人科ガイドひらしま産婦人科ガイド

ひらしま産婦人科ニュース、最新情報ひらしま産婦人科ニュース、最新情報

ひらしま産婦人科院長からのメッセージひらしま産婦人科院長からのメッセージ

ひらしま産婦人科アクセスマップひらしま産婦人科アクセスマップ

E-townクリニック掲載記事 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 埼玉県タウン誌・E-townクリニック掲載記事

上尾市、さいたま市、伊奈町、桶川市の産婦人科 ひらしま産婦人科スタッフ紹介スタッフ紹介

上尾市、さいたま市、伊奈町、桶川市の産婦人科 ひらしま産婦人科 今月生まれの赤ちゃん上尾市、さいたま市、伊奈町、桶川市の産婦人科 ひらしま産婦人科 今月生まれの赤ちゃん

上尾市、さいたま市、伊奈町、桶川市の皮膚科上尾市、さいたま市、伊奈町、桶川市の皮膚科

上尾市、さいたま市、伊奈町、桶川市の産婦人科 ひらしま産婦人科 サイトマップ上尾市、さいたま市、伊奈町、桶川市の産婦人科 ひらしま産婦人科 サイトマップ


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひらしま産婦人科ガイド

ひらしま産婦人科全景
ひらしま産婦人科全景

私の医療方針

お産は受胎から出産まで、あるいは陣痛開始から赤ちゃん誕生まで、いずれも42.195キロを走るフルマラソンのようなものです。

受胎そのものもヨーイドンで、何億の精子という選手が一斉に走り出し、一番にゴールしたものが、卵子と一緒に手をつないで、次の誕生というゴールに向かうのです。マラソンランナーがスタートラインに立つ前に準備を怠らず、長いレースをいかに走り抜くかを組み立てるように、妊婦さんも赤ちゃんという金メダルを自分の胸に抱く歓びを得るために、毎日をその目標に向かって、よりよい日々を過ごしてほしいものです。そのために産科医である私や、看護スタッフはある時は監督であったり、沿道の応援団であったり、背中を押してゴールまで連れて行ってあげる伴走者の役目をします。でも、あくまでも主役は妊婦さんあなた自身で、このレースは途中で棄権することができないのです。

私はすべての妊婦さんに金メダルをあげられるよう、自分自身もよりよい監督でありたいと努めます。

ところで私は自然分娩を理想と考え、自然の陣痛の始まるのを待って、お産のスタートラインに立ってもらうようにしています。妊婦さんもほどよい痛みが始まるともう覚悟も決まるようでお産に立ち向かう心の準備も整うようです。

自然の陣痛を待つということは、人間も自然界の生物の一員ですからどうしても夜中、もの皆寝静まった頃、陣痛開始、明け方のお産というのが最も多くなります。したがって当院の誕生室はいつも明かりが灯り、産声が響いているということになり、私の睡眠は何度も「お産です」の呼び声とともに中断されることになります。これも産科医の宿命と考え、あくまで母体の安全を優先させます。

陣痛促進剤の使用については、その必要性が生じた場合、厳重な監視の下、使用いたします。

マラソンの途中で妊婦さんの口から、苦しさに耐えられず、ごくまれに「もう切って下さい」と言う方がいます。レース途中で車に乗ってゴールまで連れて行ってくださいということです。この方法はある種とても簡単な方法です。妊婦さんのわがままを聞いて即帝王切開にしたら産科医は、短時間に赤ちゃんを取り出せるし、すばやい対応に感謝されるかもしれません。しかし、帝王切開適応でもない妊婦さんに安易に手術を行うことはいたしません。それは母体に大変なリスクを負わせることになります。たとえば肥満など妊婦さんの体も欧米化の傾向があり、手術後の肺塞栓(血栓が肺に飛び、呼吸困難を起こし、致死的な状態になる)のリスクは侮れません。

私は経膣分娩にまさるものはないと考えています。そのために最新の医療機器をととのえ、医療スタッフを教育し、技術の向上、妊娠管理体制の強化に努め、帝王切開率の減少に日夜努力しています。因みに当院の帝王切開率は全出産数の約5%です。特に初産婦の骨盤位(逆子)は、安易に帝王切開を行いません。足位の逆子でもオバタメトロを使用し、経膣分娩を行い、骨盤位の90%を経膣分娩しています。初めてのお産で帝王切開を行うと、2度目、3度目も帝王切開になる確率は高くなります。もちろん、緊急必要限の帝王切開は、真夜中であろうと即対応可能な体制を整えて、日夜お産に向かっております。

おなかの赤ちゃんと共に始まったマラソンレースが、沿道の応援に励まされ、無事完走し、ゴールには元気な赤ちゃんと、一緒に走ってくれたパパがいる、そんな感動的なお産を当院でぜひ体験してください。

診療科目

産科 妊婦外来 マザーズクラス(予約制) 保健指導 分娩 出産後のケア 
おっぱい外来(火曜日3時から 予約制) 1ヶ月検診 がん検診
婦人科 婦人科一般 がん検診 不妊症 家族計画 肥満 更年期
小児科 乳児健診 育児相談 (生後~満1歳迄・予約制) 
小児科Dr.井上正勝先生
皮膚科 皮膚、頭髪、爪の悩みご相談。アトピー性皮膚炎、湿疹、水虫、じん麻疹、にきびなどの治療。皮膚科について、詳しくはこちらです。
予約制です。

 

産婦人科 診療時間 木曜・祝祭日休診

平日 AM 9:00~12:30 PM 2:30~6:30
金曜
9:00~12:30 産婦人科
1:30~4:00 小児科
4:00~6:30 産婦人科
院内皮膚科 診察日:毎週 水曜日 予約制
AM9:00~12:30(予約優先 ご予約は048-722-1103)
土曜 AM 10:00~12:30 PM 2:30~5:00
日曜 AM10:00~PM1:00
木曜・祝祭日 休診

 

院内皮膚科 診療時間 診察日:毎週 水曜日 ご予約優先

院内皮膚科
診療
院内皮膚科 診察日:毎週 水曜日 予約制
AM9:00~12:30(予約優先 ご予約は048-722-1103)

 

院内風景

待合室 誕生室 入院室
待合室
当院のシンボル聖母子ステンドグラスと熱帯魚が暖かく迎えてくれます。
誕生室
陣痛から出産まで米ボーイング社LDR(分娩台)で窓外に広がる武蔵野の自然を眺めながらすごします。
入院室
明るい入院室で同室の方ともすぐお友達になれます。
各室には「房総の海」の絵が飾ってあります。
中庭  
中庭
鯉の泳ぐ丸池を眺めながら、ゆったり診療を受けます。
育児相談
生後1ヶ月~満1歳迄、保健婦さんによる育児・栄養相談はさながら当院の同窓会のようです。
 

ひらしま産婦人科マザーズクラス ひらしま産婦人科マザーズクラス
ラマーズ法マザーズ・クラス
月曜3回および日曜1回 全4回で終了P.M.2:00~4:00
パパ立ち会い出産をご希望の方は受講してください。

 

CLASS SCHEDULE

月曜日 ラマーズ法マザーズ・クラス PM2:00~4:00
水曜日 肥満相談(予約制) PM2:30~4:30
日曜日 夫婦で学ぶラマーズ法 PM2:00~4:00

 

マザーズ・クラス 受付中

5か月の犬の日を無事迎えられた妊婦さんは、当院のマザーズクラスを受講していただきます。

マザーズクラス日程

マザーズ・クラスに参加して、「バース・プラン」を立てましょう。

 

子宮頚がん予防対策 をしましょう

"癌"は女性にとって最も大切な"子宮"を失ったり、死にいたることもある重大な疾患です。
このような悲劇を生まないようにと、私は、女性の体を守る「産婦人科専門医」として、
『子宮頚がんワクチンと子宮頚がん・子宮体がん検診』による2本立てで、予防対策に積極的に取り組んでいます。

子宮頚がん予防ワクチン について

HPV(ヒトパピローマウイルス)予防ワクチン接種により、性交渉の経験のないと考えられる小学6年~中学3年生
ぐらいまでの女子への予防注射接種により発がん性ハイリスクHPV16型・18型(全子宮頚がんの60~70%)を予防できます。
保護者の方は 上尾,伊奈,産婦人科048-722-1103にてご予約の上、接種にお連れください。

第1回 接種         
第2回 第1回接種 1カ月後
第3回 第2回接種 5カ月後

以上で終了です。しかし、これで安心というわけではありません。

20歳になったら、最低でも2年に1回は「子宮頚がん・体がん検診」を受診しましょう。

上尾市の予防検診が22年7月~12月まで行われます。(検診申し込み書は当院にもございます。)
受診券が届きましたら、 上尾,伊奈,産婦人科048-722-1103に予約を入れてください。

子宮がん検診(20歳以上の女性 2年に1回)
女性健康診査(18歳から39歳の女性)
骨粗鬆症検診(18歳から70歳の女性 5年に1回)

お子さんは、子宮頚がんワクチン接種を、お母さんは
年1回のがん検診を、当院で受診して、がん撲滅を目指しましょう!!
子宮頚がんに関する情報 ⇒詳しくはこちらへ

「子宮頚がん」と「子宮体がん」について

子宮頚がんは、子宮の入り口に生じ、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染から引き起こされます。
子宮体がんは、胎児が育つ子宮内膜のがんで女性ホルモンのバランスの崩れが原因です。

当院では、子宮がんは早期発見が大事との考えから、開業以来当院にて出産予定の全ての妊婦さんに
妊娠中に必ず、子宮頚がん検査を行い、早期発見に努めてきました。
早期であれば、妊娠継続は可能で、がん専門機関と連携をとりながら、出産を取り扱っております。

当院における出産体制について

当院では全ての分娩を、『産婦人科医師』が「出産取り上げから胎盤娩出まで責任を持って行っております。
「チームひらしま」看護スタッフは、豊富な経験を持って、分娩までの経過観察を、医師の指導のもと、
一瞬たりとも妊婦さんから離れないを鉄則に、"寄り添い""見守り"をします。
「出産」という人生の一大事業の主役は、「妊婦さん」と「赤ちゃん」です。
私たちは、監督およびサポーターとして精一杯頑張ります。

当院では、自然(経膣)分娩を第一と考え、帝王切開については「適応と要約」を厳格に守り、
必要最低限にするため、日夜努力を重ねております。
特に 逆子(骨盤位)分娩については、豊富な経験と産科医療技術を駆使して、経膣分娩に努めています。
特に、初産の安易な帝王切開選択は、次回の妊娠分娩においても母体への多大なリスクを負わせることになります。
帝王切開の母体におよぼすリスクは経膣分娩の比ではありません。

私は、逆子は帝王切開適応とは考えておりません。当院ではほとんどを経膣分娩しております。
胎盤早期剥離、破水、早産の危険を伴う、外廻転術は行いません。
また、妊婦さんへの苦痛を伴い、早産の危険性もあり、医学的エビデンスのない、
逆子矯正体操などは、行っておりません。
出産直前に自然に頭位に戻るということも何例か経験し、リラックスしてお産を迎えることが、
何より大事と考えます。
22年間で291件の骨盤位経膣分娩(全骨盤位の75%)を行い、 そのうち211例はオバタメトロ使用により、
188例成功しました。 全て健児を得ました。
(2009・11月産婦人科治療vol.99no。5-2009/11 「22年間の当院における骨盤位の分娩管理-特にオバタメトロ
使用の視点から」 、「10年間の骨盤位分娩117例の臨床的検討」平嶋昇  10周年記念誌 p85~88)参照

しかし、帝王切開適応と判断した時は、即時に麻酔科専門医を招き、産婦人科医2名との医師3名体制で臨みます。
緊急帝王切開にも迅速に対応しております。
未熟児誕生が予想される場合は、埼玉県立小児医療センター等の未熟児・新生科医立ち会いのもと行い、
直ちに「児」搬送を依頼します。

診療方針は、私の診療方針2010年頭所感2009年頭所感2008年頭所感をご参照下さい。

 

 

 

埼玉県上尾市の産婦人科、ひらしま産婦人科 WEBサイトメニュー since 2001.1.1

埼玉県上尾市のひらしま産婦人科ガイド 埼玉県上尾市のひらしま産婦人科フォトダイアリー 埼玉県上尾市のひらしま産婦人科、院長からのメッセージ

埼玉県上尾市のひらしま産婦人科アクセス情報 埼玉県上尾市のひらしま産婦人科スタッフご紹介 平嶋院長論文、症例集、ETOWNクリニック

埼玉県上尾市のひらしま産婦人科、今月生まれの赤ちゃん 埼玉県上尾市のひらしま産婦人科、皮膚科 埼玉県上尾市のひらしま産婦人科サイトマップ

母体保護法指定医、社保・国保取扱医 日本産婦人科学会専門医
医療法人社団 昇龍会
埼玉県上尾市のひらしま産婦人科 電話048-722-1103

〒362-0021 埼玉県上尾市原市1464 FAX 048-722-1146