E-Town Clinic掲載記事

埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科トップページ 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科トップページ 新年によせて新年によせてひらしま産婦人科ガイドひらしま産婦人科ガイド  ひらしま産婦人科アクセス地図・所在地埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科アクセス地図・所在地 
埼玉県タウン誌・E-townクリニック掲載記事埼玉県タウン誌・E-townクリニック掲載記事ひらしま産婦人科スタッフ紹介ひらしま産婦人科スタッフ紹介ひらしま産婦人科フォトニュースひらしま産婦人科フォトニュース  ひらしま産婦人科今月生まれの赤ちゃん上尾市、さいたま市、伊奈町、桶川市の皮膚科上尾市、さいたま市、伊奈町、桶川市の皮膚科


ひらしま産婦人科クリニックニュース 最新情報

ひらしま産婦人科最新情報の目次はこちらです。→ニュース・最新情報目次

  

今月の一枚の写真−NEW. 2005/7/12up!

*WEMEN'S CLINIC ひらしま産婦人科は平成17年7月1日満19周年を迎えました

その一週間前、当院にとっての"初孫"が誕生しました。(NEWSをご覧ください。)
いま、当院至近距離に広がる「原市沼」では、"古代ハス"の花が毎朝毎朝見事な花を開き、私達の目をたのしませてくれています。
まるでこの2つの慶事を祝ってくれているようです。

古代ハス写真
原市沼の古代ハス 2005-07-01 撮影

*ひらしま産婦人科の"初孫"誕生物語

19周年の開院記念日間近の、平成17年6月23日 PM7:17分 2,672gの男の子が院長によってとりあげられました。
元気な産声が誕生室に響き、院長は、当院にとっての"初孫"をその大きな手で受け止め、高く捧げました。

院長と初孫写真

ママの名前は、志田裕美様。昭和61年10月18日 PM6:43分 3,000gの元気な女の子として、開院間もない当院で、7番目に生まれた赤ちゃんでした。
18年前ご自分が生まれた同じ場所で、その時の記憶を手繰り寄せながら、パパに見守られての感動の出産でした。
その当時のご自身の母子手帳と育児日記をお母様から渡されて、パパとマザーズ・クラスに参加、周囲を説得しての結婚。赤ちゃん"陸雅"くんの誕生。
院長はじめスタッフ一同この日の来るのを、ワクワクしながら待ち望んでいた瞬間でした。
当院にとっての"初孫"を産んでくれた若いパパとママに心から有り難うを申し上げます。
"陸雅"くんは当院の"宝"。これからの成長を皆で見守っていきたいです。
ご両親のすばらしい才能をしっかりと受け継いで、将来は日本を代表するオリンピック陸上選手として、大活躍することでしょう。応援いたします。
フレ〜 フレ〜 陸雅!!
フレ フレ りくが!!  フレ フレ りくが!!

退院記念撮影  左からパパ、陸雅くんを抱く院長・ママ・18年前当院で裕美さんを出産した深滝様

PS:「6月生まれの赤ちゃん」掲載ページ巻頭に志田様のアンケートが載っています。合わせご覧ください

−16年12月生まれの赤ちゃん・職員編−NEW. 2005/1/20up!

16年12月は当院職員の出産が続きました。

*12月16日 AM2:47  小沢典子さん 2,806gの男の子(第2子)出産

予定日より2週間早い出産でしたが、なんと出産10時間前まで、忙しく働き、 帰宅前やっと院長の診察を受け、夜中の3時ごろのお産になるだろうとの院長の予想通り、夜中入院即出産、翌日には同時に入院中の赤ちゃんの世話までしてくれるという働きぶりにはただただ頭が下がりました。産休後の今春には、一回り大きく成長した産科看護師として復帰予定です。

小沢典子さん
 
男の子 2,806g
ご出産日 2004年 12月16日 AM 02:47
ご感想

院長先生、スタッフの皆様、今回は大変お世話にまりました。家族のようなスタッフに囲まれての出産は、不安もなくとても安心して出産ができ、とてもよかったです。また、勤務が残っているにもかかわらず出産になってしまい、皆様には大変ご迷惑をおかけします。また復帰しましたらよろしくお願いいます。3人目も院長にお世話になりたいと思いますので、その時はまたよろしくお願いします。(あと4〜5年位したら)

*12月30日 PM10:05  高桑嘉代子さん3,464gの男の子(第2子)出産
−「前回帝王切開で今回経膣分娩に挑戦して成功!」

前回他院で第1子を帝王切開で出産、今回は自然分娩での出産を強く望み、院長に全てを託し、出産に臨みました。ご本人の並はずれた頑張り、ご家族みんな(パパ、長男礼央くん、おじいさま、おばあさま達の12時間以上に渡る辛抱強い支え、院長の全身全霊を掛けたお産への取り組み、職場の仲間たちの応援、それらが見事に経膣分娩成功へと導いてくれました。以下のアンケートは院長を感動させ、長い一日の努力が報われた思いにさせてくれました。

高桑嘉代子さん
 
世凪(せな)くん
男の子 3,464g
ご出産日 2004年 12月30日 PM 10:05
ご感想

前回のお産は、5年前、、、、当院での出産ではなく、予定日を2週間過ぎ、赤ちゃんも大きく、子宮口も固く、促進剤を使っても、陣痛がつかず、帝王切開での出産でしたので、私も主人も自然分娩への憧れがありました。正直、ここで働いている職員なので知っている人に看てもらうのははずかしいという気持ちはあったのですが、今回”当院であれば必ず経膣分娩させてくれるはず”と、これまで1万人以上赤ちゃんをとり上げてきた、院長の実績と腕を信じて、お願いしました。前回の様子を踏まえた上で、院長もいろいろと考えてくださり、早めの対策で、予定日より、早めにメトロを試してみたり、それでも結局、お産までには至らずでも、そのお陰で、子宮口は3cm開いて、あとは、子宮口を柔らかくする注射をして、予定日まで待とうとした矢先の朝方の破水、、、。不安は広がる一方、、、。破水しても陣痛がくれば、望みはあると信じ「自分が無理だと思ったらそこまでだ」「ここで諦めたらいけない!!」と気持ちを奮え起たせ、それでも陣痛は、強まらず、院長の的確な判断により、様子を見ながらの慎重な促進剤の投与、、、すごい痛みがきた!と思ったら、市川さんが、「もう促進剤使ってないよ!いい陣痛が来てるよ!」と目の覚める一言が聞こえ、痛くて、辛くて、だけど嬉しい!!ここからが、勝負。自然分娩できるんだ!!何度もくじけそうになったけれど、パパと長男の礼央(5才)もずっと長時間、汗をふいてくれたり、励ましてくれて、、、、我ママになっている私をずっと、支えてくれました。余談ですが、立合いの時、ずっと長時間一緒にいてくれたのに、パパが「トイレにちょっと行ってくるネ」と言った時「ダメ!行かないで!!動かないでェ〜」とまで言ったらしく、パパは、トイレにも行かせてくれないのか、、、トホホと、思ったらしい、、、、。礼央には、、、、苦しんでいるママをみて、ママが苦しそうな顔をしているから笑わせてあげようと、変な顔をして元気ずけてくれのに、、、「うるさい  あっち行って!!」と思わず言ってしまって。。。。(レオはいじけて泣いていたそうです。)気持ちはわかったのですが、それどころでなく本当にごめんね、、、、。といった感じでした。反省、、、、。また、看護婦の市川さんと村上さんが、「あと少し!頑張れ!上手上手!!」と、言ってくれる声を頼りに、また、呼吸がわからなくなってきて、どうしたらいいか解らない時も、導いてくれて、心強かったです。最後なかなかイキめなくて、力が出なくなった時も、院長をはじめ、市川さん、村上さん、パパ、礼央、みんなが、辛抱強く待っていてくれたお陰で、無事、出産する事が出来、家族で、新たな、生命の誕生を迎える、大きな喜こびを得ることができ、とても感激しました。本当に、院長をはじめ、日勤にもかかわらず、最後まで、つき合ってくれた市川さん産まれた時には、泣きながら、良かった良かった!!と一緒に感激してくれて、また、自分の事の様に応援してくれた村上さん、その都度やさしく声を掛けてくれた小川さんに、イヤな顔せず身の回りの世話をしてくれた新舩さん、出産予定日が近く、出産時にも心配してTeLをしてくれた小沢さん、、、、レセの帰りに「頑張って!」と励ましてくれた受付の皆さん、その他多くのスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。こんなすばらしいスタッフと共に働けて、。幸せです。感謝の言葉が尽きません!!料理も評判どおりおいしく、入院中に本当に太ってしまいました。どうしょ〜ヒョェ〜おいしかったです。

院長コメント
予定日近くなっても児頭高く、子宮口硬く、ほとんど開いていなかった。18年間で131例の帝王切開後の経膣分娩を行ったが、このケースでは自然分娩は非常に難しいと思われた。最後の手段として、子宮口の入口を少しでも開いて、やわらかくするための方法として、オバタメトロの使用に掛けた。ところがオバタメトロ挿入は極めて困難であった。はじめての経験であった。帝王切開が頭をよぎった。30分ほどトライし、あきらめようとした時、鈎を使用する原法を思いだし、これを施行してメトロ挿入に成功。このことが経膣分娩成功に導いたと思われる。これまでのあらゆる知識、経験の集大成がここに実り、経膣分娩で赤ちゃんが生まれた時はこの上もない感動を覚えました。

 16年度はこの2人に先立って、
 *9月27日AM4:12  林 愛さん2,584gの女の子(第2子)出産

すでに産休を終え、12月から笑顔で子連れ職場復帰し、毎日頑張ってます。

−16年度の勤続職員表彰をいたしました。−NEW. 2005/1/20up!

*15年間勤続  村上 かおりさん (看護部)
*10年間勤続  牛山 れい子さん (受付部)
* 5年間勤続  大橋 絵美さん  (看護部)

以上の方達に院長より表彰状と記念品が贈呈されました。

これまでも、そしてこれからも次々と勤続表彰される職員がおります。これらの当院にとって”宝物”のような職員とともに、今年も頑張ってまいります。

Women's Clinic
埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科
〒362-0021 埼玉県上尾市原市1464
TEL 048-722-1103  FAX 048-722-1146

ひらしま産婦人科トップページへ新年によせてひらしま産婦人科ガイド最新情報
地図・所在地皮膚科コラムE-TOWNクリニックスタッフ紹介今月生まれの赤ちゃんPHOTO DIARY

(C)2001-2016. 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科