埼玉県上尾市、さいたま市、伊奈町、桶川市、蓮田市の産婦人科「ひらしま産婦人科」 埼玉県上尾市、さいたま市、伊奈町、桶川市、蓮田市の産婦人科「ひらしま産婦人科」  埼玉県上尾市、さいたま市、伊奈町、桶川市、蓮田市の産婦人科「ひらしま産婦人科」

埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科MENU >>
ひらしま産婦人科 トップページへ
ひらしま産婦人科 ガイド
ひらしま産婦人科へのアクセス
院内皮膚科のご案内
スタッフ紹介
ニュース・最新情報目次
今月生まれの赤ちゃん
PHOTO MONTHLY DIARY new!
新年によせて
皮膚科コラム
E-TOWNクリニック

医療法人社団昇龍会
ひらしま産婦人科

〒362-0021
埼玉県上尾市原市1464
TEL 048-722-1103
FAX 048-722-1146


(C)2001-2016.
埼玉県上尾市,さいたま市,
伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科
「ひらしま産婦人科」

平嶋産婦人科 マンスリーダイアリー

ひらしま産婦人科 PHOTO MONTHRY DIARY 第41号

2007年>> フォトニュース 
2008年>> 新春号 / 3月・甲子園観戦 / 5月・ゴールデンウィーク / 7月・開院22周年
7月・東奔西走記
 / 8月特大号・アラスカ旅行記-1 / 2
9月・日本の秋を楽しむ / 11月・晩秋の巻 / フォトエッセー特別編「シルバーの手習い」 /年末号
2009年>> 新春特別号 / 3月・シンポジウム編 / 4月・花まつり編  / 5月・「虹」編
6月・「紅」編 / 7月・「ゆりかご」編/ 8月・「華火」編
9月・「スイス巡礼の旅」編-1/2/3/11月・「読書の秋」編
2010年>> 1月・「年頭所感」編 / 2月・冬から春へ/ 3月・国会へ陳情に行く編
4月・お花見に行く編 / 6月・父の日&逆子編/ 7・8月・「海の絵」編
9・10月「魅惑のスペイン 弾丸ツアーの巻」-1/ 2 / 3
2011年>> 1月・年賀状 / 2月・映画鑑賞の巻 / 3月・ドキュメント 東日本大震災 IN ハライチ
4月・上野動物園にパンダに会いに行くの巻
5・6月〜初孫 平嶋 湊(みなと)誕生!〜 ミーナ君アルバム 第1楽章
7・8月「海の幸&逆子と柔道」編 / 8月付録・ミーナ君アルバム第2楽章「お食い初め儀式」
10月「実りの秋」編 / 「ミーナ君 アルバム」 第3楽章 6か月児はこんなことができるのだ
2011年>> 1月・年賀状 / ミーナのお正月 / 付録2 平成23年1月〜12月骨盤位分娩成績
2月・キネマ旬報賞映画鑑賞会&表彰式 / 3月「卒業45年記念同窓会 IN 東京」の巻 / 4月「今年の桜」の巻
4月「さだまさし還暦コンサート in さいたまスーパーアリーナ 4月10日」 
5月「ミーナの初節句 & ボク 満1歳になりました!!」 / 5月「嵐の5月」 / 6月「祈り」
9月「2 DAYS IN 小笠原」 / 10月付録「ミーナ歩く・走る」


フォト・マンスリー・ダイアリー 「昇龍の年 お正月」号

謹賀新年

ひらしま産婦人科、上尾

「昇龍図」岩崎巴人画   

 2011年7月1日 当院は「開院満25周年」を無事迎えることができました。
 3・11の大震災で、20,000人もの「命」が奪われました。
私が、25年間 昼夜分かたず コツコツと手掛けた「お産」13,500人です。
それを上回る数の命が、あの一瞬に奪われた事実に衝撃を受けました。
 それでもその後も「新しい命」は毎日生まれ続け、我が家にも 5月20日 初孫誕生。
「湊」(みなと)と命名されました。

 この国難の時代に生まれ出た子供たちが、成年になるまでに
日本は復旧・復興を遂げなければなりません。
私たちの世代に遺された'最後の役目'です。
今年も 産科医として、「新しい命」と向き合う覚悟です。
皆様にとってよい年でありますように祈念いたします。

                       (医)昇龍会 WOMEN'S CLINIC
                           ひらしま産婦人科・皮膚科
                           平嶋 昇・律子   海帆

記 : 24・1・9 成人の日

年末年始は12月30日に、3日掛けて逆子経膣分娩に挑戦するも、
うまくお産が進まず、緊急帝王切開施行。
3746gの男児無事出産。平成23年唯一不成功の症例であった。
31日 少しだけ安堵して、プリウスに飛び乗って、
アクアラインを快適に飛ばし、館山で、ミーナと1カ月ぶりに対面。
穏やかなお正月を過ごすも、2日、他院にて前回帝切、破水入院の連絡で、
急遽帰宅を決め、3日早朝、再びアクアラインを120Kで走り11時帰宅。
陣痛発来せず、子宮口硬く、VBAC不可と判断。
直ちに、麻酔医のDRに応援要請、正月にもかかわらず、駆けつけてくださり、
今年初めての緊急帝王切開施行

さらに1月7日明け方、VBAC施行中(他院で帝王切開)、
心音急激に低下、切迫子宮破裂を疑い、早朝5時、再び麻酔医の応援要請し、
緊急帝王切開施行。母子ともに救命出来た。
同日午後からは、双胎 重症妊娠高血圧症行群で入院中の妊婦さんが、
36週4日で、タイムリミットとなり、帝王切開施行。
無事2児(2,484g・1,960g)の娩出成功するも、深夜母体不整脈頻発。
心配で一睡もできなかった。

1月7・8・9日は3日間連続、日勤当直をこなし、暮れからお正月にかけて
ハイリスク分娩の連続で、館山で、ミーナと過ごした、お正月は遠い幸せな一瞬
になっていました。

こうして、年を取らない「マジック ドラゴン
龍年年男 「産科医」 平嶋昇 仕事全開となりました。

このページのTOPへ

(C)2001-2016. 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科