埼玉県上尾市、さいたま市、伊奈町、桶川市、蓮田市の産婦人科「ひらしま産婦人科」 埼玉県上尾市、さいたま市、伊奈町、桶川市、蓮田市の産婦人科「ひらしま産婦人科」  埼玉県上尾市、さいたま市、伊奈町、桶川市、蓮田市の産婦人科「ひらしま産婦人科」

埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科MENU >>
ひらしま産婦人科 トップページへ
ひらしま産婦人科 ガイド
ひらしま産婦人科へのアクセス
院内皮膚科のご案内
スタッフ紹介
ニュース・最新情報目次
今月生まれの赤ちゃん
PHOTO MONTHLY DIARY new!
新年によせて
皮膚科コラム
E-TOWNクリニック

医療法人社団昇龍会
ひらしま産婦人科

〒362-0021
埼玉県上尾市原市1464
TEL 048-722-1103
FAX 048-722-1146


(C)2001-2016. 埼玉県上尾市,さいたま市,
伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科
「ひらしま産婦人科」

平嶋産婦人科 マンスリーダイアリー
ひらしま産婦人科 PHOTO MONTHRY DIARY 2

2007年>> フォトニュース 
2008年>> 新春号 / 3月・甲子園観戦 / 5月・ゴールデンウィーク / 7月・開院22周年
7月・東奔西走記
 / 8月特大号・アラスカ旅行記-1 / 2
9月・日本の秋を楽しむ / 11月・晩秋の巻 / フォトエッセー特別編「シルバーの手習い」 /年末号
2009年>> 新春特別号 / 3月・シンポジウム編 / 4月・花まつり編  / 5月・「虹」編
6月・「紅」編 / 7月・「ゆりかご」編/ 8月・「華火」編
9月・「スイス巡礼の旅」編-1/2/3/11月・「読書の秋」編
2010年>> 1月・「年頭所感」編 / 2月・冬から春へ/ 3月・国会へ陳情に行く編
4月・お花見に行く編 / 6月・父の日&逆子編/ 7・8月・「海の絵」編
9・10月「魅惑のスペイン 弾丸ツアーの巻」-1/ 2 / 3
2011年>> 1月・年賀状 / 2月・映画鑑賞の巻 / 3月・ドキュメント 東日本大震災 IN ハライチ
4月・上野動物園にパンダに会いに行くの巻
5・6月号 〜初孫 平嶋 湊(みなと)誕生!〜 "ミーナ君  アルバム 第1楽章
7・8月「海の幸&逆子と柔道」編 / 8月付録・ミーナ君アルバム第2楽章「お食い初め儀式」
10月「実りの秋」編 / 「ミーナ君 アルバム」 第3楽章 6か月児はこんなことができるのだ
2011年>> 1月・年賀状 / ミーナのお正月 / 付録2 平成23年1月〜12月骨盤位分娩成績
2月・キネマ旬報賞映画鑑賞会&表彰式 / 3月「卒業45年記念同窓会 IN 東京」の巻 / 4月「今年の桜」の巻
4月「さだまさし還暦コンサート in さいたまスーパーアリーナ 4月10日」 
5月「ミーナの初節句 & ボク 満1歳になりました!!」 / 5月「嵐の5月」 / 6月「祈り」
9月「2 DAYS IN 小笠原」 / 10月付録「ミーナ歩く・走る」


2008・3・22 母校 「千葉県立安房高校」の 初戦観戦記
−創立108年目 21世紀枠で 初の甲子園出場を果たす−

同級生、中西二二男氏(安房柔道会会長)が贈ってくれたアルプススタンド入場券を握りしめ、生まれて初めて甲子園の土を踏んできました。
朝九時の入場式から、安房校野球部の勇壮な行進に拍手をおくる。
第3試合安房−城北の試合開始。アルプススタンドは紫に埋め尽くされ、大応援団の大声援に包まれ、
母校を愛する"XーJAPAN"リーダーYOSHIKI作曲「紅」の曲も流れ、白一色に身を固めた女子剣道部員の力一杯の声援が届き、9回2点の得点で完封初勝利。
5,000人のアルプススタンドは狂気乱舞し、皆が抱き合って喜びを分かちあった。
108年目の甲子園初出場の快挙を成し遂げた、安房校野球部の若者達は、房総館山を愛する人達に、「勇気」と「夢」と「希望」を与えてくれました。

初勝利の興奮も覚めやらぬ、3月27日。
朝早く新幹線に飛び乗って、再観戦。
強豪「宇治山田商」との試合も、先頭打者がいきなりのホームランをかっとばし、ヒットも続いて、3点獲得。
勝利を確信させてくれたが、9回3点を奪われ、力尽き敗退。残念無念さを残し一人しょんぼり甲子園を後にした。

鈴木毒太に薦められ、俳句をつくりました。

ひらしま産婦人科ダイアリー ひらしま産婦人科ダイアリー  ひらしま産婦人科 ひらしま産婦人科
右側立って応援している甲子園の帽子の人が院長です。 上記3句は初投稿で、俳句雑誌「春燈」6月号に掲載されました。「春燈」同人には鈴木真砂女ー房州出身の華ある人生を送った女流俳人ーがいました。

平嶋 ノボール
俳号は「ノボール」です。
四国・松山市出身の俳聖「正岡子規」の本名は升(のぼる)。日本に初めて野球を紹介し、野球(ノボール)と名付けました。
因みに正岡子規は36歳で亡くなりましたが、命日は9月19日。院長の誕生日です。「正岡子規」にあやかって、俳号を「平嶋ノボール」 と勝手につけました。 

今夏の甲子園再出場を 目ざして、母校安房校のグランドでは、球児たちの練習が始まっていることでしょう。

ひらしま産婦人科ダイアリー
新聞記事 掲載 2008年3月23日 「日刊スポーツ」
(赤丸印 院長が手を振り上げて応援しています。)
クリックすると記事を拡大してご覧いただけます。

ひらしま産婦人科ダイアリー

女子剣道部
(3年前全国大会で優勝)の
力一杯の声援
ひらしま産婦人科ダイアリー

管弦楽の演奏は大先輩
YOSHIKIに届けと、
スタンドに「紅」が鳴り響きました。
ひらしま産婦人科ダイアリー ひらしま産婦人科ダイアリー
背中に「常に全力!!」のスローガン

2008・3・29  丸山公園にWOMEN'S CLINICの「桜の苗木」を植えました。

2007年 上尾市の「桜のオーナー」になって、丸山公園に桜を植えてもらいました。  
どのくらい成長したか、観桜会をしました。愛犬「りゅう」を連れて、桜見物です。  
まだまだ赤ちゃん桜で、これからの成長が楽しみです。

埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科
桜の苗木の前で、愛犬 りゅう と 院長

2008・3・29 上尾の隠れた名所「榎本牧場」

丸山公園からほど近い場所に、上尾の隠れた名所「榎本牧場」で、「りゅう」を遊ばせました。

ひらしま産婦人科ダイアリー
ロバにこんにちは
ひらしま産婦人科ダイアリー
牛にこんにちは
ひらしま産婦人科ダイアリー

荒川土手からの眺めが素晴らしく、ぜひ訪れたい所です。
牧場内で販売している「こだわりアイス」はハーゲンダッツをこえるおいしさです。

千葉県 房総半島"館山"は私の生まれた第一の「故郷」です。
東京神田"お茶の水"は、私が産科医としての修行をした第二の「故郷」です。
そして埼玉県"上尾"は私の人生を掛けて、移り住んだ第三の「故郷」です。
どこも私の大好きな"ふるさと"です。
  
これからも愛する故郷をご紹介していきます。

2008年新年からはじまった、PHOTO MONTHRY DIARYをどうぞお楽しみに。

このページのTOPへ

(C)2001-2016. 埼玉県上尾市,さいたま市,伊奈町,桶川市,蓮田市の産婦人科 ひらしま産婦人科